セフレ関係というのは案外楽なものです。あくまでセフレであるということ、本命の彼氏彼女ではないということをお互いに割り切ることさえできれば、こんなに楽で心地よい関係はないかもしれません。

要は、セックスという快楽だけの関係なのです。彼氏彼女に求めるような気遣い、面倒な取り決めごと、LINEや電話でのフォローなど、ときに負担と感じてしまうような作業とは無縁。おいしい上澄みだけ掬ってるような関係と言えましょう。

まあ、彼氏彼女の関係だって、結婚に比べたらそういう性質があるのですけどね。

セフレ < 彼氏彼女 < 夫妻

というふうに負担は上がっていきます。その負担に耐えても、その人と一緒にいたいからこそそういう関係が成り立つのですが。

セフレはセフレにとどめておいたがほうが良いでしょう。

「君のこと、ちょっと本気で好きになっちゃったかも」なんてセリフを吐こうものなら、相手はすぐに身構えてしまいます。これはもうセフレ関係解消したほうが良さそうだなって思われますよ。

セフレ関係を持続させたいのであれば、その関係だと割りきって、それ以上を求めないことです。セフレに誠意なんて求めないほうが良い。これは断言できますね。

男にも女にも、寂しさを感じる夜があります。誰でもいいからとは言わないけど、誰かに慰めてほしい。そばにいて欲しい。肌に触れたい。だけど今は彼氏彼女を作りたくない。夫が、妻が、そういう相手をしてくれない。

そういうとき、セフレは役立ちます。セフレはギブアンドテイクの関係。結婚相手は、すべてギブと思ったほうがよい。献身的な愛ですね。

セフレサイトはGoogle検索から探せます。絶対安心安全なセフレサイトで探すのが良いでしょう。中には出会えないセフレサイトもあります。そういう詐欺っぽいサイトには一円も払わないほうが良いですね。

リアルな友人とかからセフレを探そうとすると後腐れがありますから、サイトやSNSで探すのがオススメですよ。ネットで出会っちゃいましょう。

また、それなりに社会的地位があり、というか収入があり経済的に余裕のある男性であれば、愛人女性を囲っているケースもあるかと思います。
今まではキャバクラやガールズバーで知り合った女性と愛人契約することが多かったと聞いていますが、最近では愛人募集もネットを利用して行われることが増えてきましたね。愛人募集にも合理化、デジタル化の波が押し寄せています。

愛人関係にトラブルはつきものです。特に愛人関係を終えるとき、別れるときというのが難しい。大抵はどちらかに新しい本命パートナーができたり、新しい愛人ができたりということが多いですね。本妻との関係などもあるでしょう。あくまで、奥様の理解(もしくは徹底的にバレないよう善処)があった上で愛人とのつきあいをするべきですね。

↓こちらのサイトが今流行っているらしいです。
おすすめの愛人募集掲示板

愛人募集掲示板の比較まとめサイトになっています。
円滑な愛人探し、愛人契約を勧めるにはサイト選びが重要ですよね。

最近はリベンジポルノ、逆リベンジポルノというものも多く発生しています。
そうした遺恨を残さないよう、大人の割りきった関係を構築できるように心がけたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>